スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

色んな意味でoverしました

ご無沙汰してますー。
アメブロやらツイッターやら見てると、
人さまのを読んでるだけで十分になってきてしまってる
今日この頃でございます…。
でも行ったライブの記録は残したいので書きます!!



『Over The Edge'10 OSAKA』
2010/5/23 @なんばHatch


お祭り男(=たつえ)が出演するかも!!という期待と
も…もしかしたらメンバーも…
というミジンコレベルの期待をしょって参戦してきました。
あ、あとギルガメッシュも見たかったんです。
でも…もうちょっと予習して行けば良かったですね。
一緒に行ったひいちゃんも全く同じレベルだったがために
バンドが出てきても「え!?誰??これなんてバンド??」
と分からないまま見てました…。未だに顔と名前が一致してません。

とりあえずセッションまでは頑張って前にいよう!てことで、
3列目?くらいには居てたんですけど…
3つ目でいきなりお祭り男さん登場しました(笑)
しかも転換時に幕内でマイクテストで遊んでたからみんな気づいちゃって
「たつろー!!!!」て叫ばれてました。
「イエァ!!」の「エァ!」の部分が特徴的なんですよね。
だから声ですぐ分かっちゃいました。

たぶんみんなそうだったと思うんですけど
姿見るまでは信じてなくて…(笑)
幕が開いて登場した時に押しがきてギュー!!ってなりました。
「あぁ…これだよね…これが楽しいんだよねぇ…」って
なんか変態っぽい気持ちになりました。(笑)

髭+メイク+帽子+羽織だったせいか
「和製ジョニーデップ☆」って感じでした。
でも歌詞飛んじゃって何回もお客さんに歌ってもらって
照れ笑いしてるたつーはなかなか可愛かったです。
見た目全然可愛くなかったけども。(笑)

3曲がほんとあっという間に終わっちゃって、
メーターが振り切れちゃったひいちゃんと私は一旦後ろに引いて…
トイレに行った後「この喪失感はどうしたら…」ってなりました。
この時まだ3時くらいでしたww

楽しそうなエリアを探しながら前に戻って行って、
2列目くらいにたどりついた時にちょうどギルガメでした。
もうめっちゃくちゃ楽しかったです!ギルガメ!!
あんな動きやすい2列目も初めてだったんですけど
(わりと前がスッカスカでした。)
周りもみんなノリまくってて楽しかったです(´∀`)
いつもJACKで見るたびに私の中で「ツボ」フラグがパタパタしてたんですけど…
今回見て完全にツボだと確信しました!!!
ただ激しいだけじゃなくてメロディーがとてもキレイだから
激しい時に感情がブワァー!!てなるというか…
すごく抽象的な表現になってるけど…
とにかく私的にドツボな曲が多そうです。
CD買っちゃおうかなぁ…(・∀・)

時間がかなり押してたんですけど、
最後にまた出てきてくれないかなぁという淡い期待を胸に
フッラフラになりながら最後まで前に居てたんですけど…
(開演から9時間弱経過してました)
最後のセッションの時に最前に居た人が急にパッと帰っちゃって…
私とひいちゃんはとりあえず最前に移動したんです。
そしたら最後の曲で逹が飛び入りで出てきて!!!

私、最前で見たことなかったんですよ。
もうびっくりしちゃって。
またもメーターが振り切れちゃって、
そんな元気どこに残ってたんだってくらいはしゃぎました。

横に居たひいちゃんは私より振り切れちゃってて…
もうほとんど前見てなかったです。
「ひいちゃんちゃんと見て!」て思いましたもん(笑)
私はこんなチャンスまたとない!と思ってガン見してました。
メイク落としてて、Tシャツでいつもの髪型だったせいか
すごく小ざっぱりしてて爽やかでしたww
グラサンの奥にうっすら見えてる目は笑ってて
すっごく楽しそうにステージ上を動き回ってました(´ω`)

終演後にひいちゃんと「爽やかで楽しそうだったねー☆」
て言ってたんですけど…

「目が笑ってて楽しそうだったけど…」
「も…もしかしてあれ酔っ払ってたんじゃ…(◎∀◎;)」

と後で一瞬思ったんですけどひいちゃんには言ってません(笑)
とにかく逹瑯さんは楽しそうだったですよ☆

JACKか!!てくらい長丁場なイベントだったんですけど、
V系っていっても色んなバンドがいるんですねー。
奥が深いんだなぁ…。
でも私は早くムックのライブが見たいです。
秋まで待てるかなぁ…(´Д`)
ムックさん地下作業(レコーディング)頑張ってくださいー。


それでは、また(・∀・)/

スポンサーサイト
  1. 2010/05/30(日) 20:28:37|
  2. Live
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異種の中で戦うバンド

お久しぶり更新な上に、公開からしばらく経っちゃってるけど
面白かったんでご紹介→異種格闘対談-Ring

いきなり髭面でしかもグラサンで胡散臭い人が
ピースして写ってますがお気になさらず…(笑)
BARKSで連載してるムック逹瑯のコーナーです。
毎回色んな人と対談するんだけど、
今回は同級生特集ということでNON STYLEの石田さん。
まさに異種!!

芸人さんとなんでギャアギャア面白いこと言って終わりなのかと思いきや
後半で音楽業界や芸能界のこと、
さらにライターさんを交えて出版業界にについても真面目に話されてます。
中でも読んでて興味深かったのが…
「こういうCDが売れない時代だからこそ自分たちだけが売れるんじゃなくて、
音楽シーン自体が盛り上がるような活動をしたい」
というようなことを逹瑯さんが語っていたこと。

何を隠そう私は夢烏なんで…(笑)
ムックの楽曲やメンバーの人間性に惚れているんですが
バンド自体のフットワークの軽さや、
色んな壁を取っ払った活動をするとこも魅力だなと思っているんです。
たつーの髭面から分かるように…ムックもV系だけど異種なんですよね。
もろV系のイベントにも出演するし雑誌にも出るけど、
普通のロックバンドのイベントにも出るし
楽曲自体がバラエティーに富んでるから様々な場所に「はまる」事が出来る。

ラルクみたいにヒット曲をいっぱい出したりドームでライブをしたり
一般に影響力のある大きいバンドじゃないけど
面白いことにはすごい貪欲だし、もちろん音楽の探究心もあって、
色んなジャンルの懸け橋になるようなバンドだと思うんです。
だからファンでいることが面白い。


おお…なんかすごい語っちゃった…
「期待して読んだらそんな面白くなかったよ!!」
…って方がいらっしゃったらすいませんー。。

贔屓と言われればそれまでなんだけど、
でもこういう逹瑯の考え方って素敵だと思うんだ。



それでは、またー!!(・ω・)/

  1. 2010/05/08(土) 19:36:23|
  2. Mucc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。